立花龍司さん。日本に「コンディショニング」という言葉が頻繁に出てこなかった1980年代後半に、プロ野球の世界で革命的ともいえる肩の小さな筋肉群へのアプローチをして、一躍トレーニングやコンディショニングを世に広めた人物。

日本球界におけるコンディショニングのパイオニアです。

私が丸坊主で甲子園を目指していた高校生のころ、先輩がチューブでやっている肩のトレーニングに衝撃を受けました。今や誰もが知っているローテータカフエクササイズですね。

これを日本に広めたのが立花さんで、当時トルネード投法で大スターになった野茂英雄投手へのトレーニング指導で一躍有名になっていたのをこの時に知りました。

千葉ロッテに移籍した際に1年共にしたボビーバレンタイン監督を慕って渡米。日本人初のMLBコーチとしてNYメッツに行ったというのも衝撃的でした。

 

選手として挫折した自分に光を差し込んでくれた人物

当時はフジテレビのプロ野球ニュースなどにも頻繁に登場し、「すごい有名な人なんだ~」といった感覚でしかなかった立花さん。

高校で野球の技術に伸び悩み、大学でも野球への未練を断ち切れずに悶々としていた自分が大学2年を過ぎたころ、ふと思い出したのが立花さんの現場での姿だったんです。

大好きな野球の傍らで、選手のためになる仕事。最初にイメージしたトレーナーは治療やテーピングをするいわゆるアスレティックトレーナーだったのですが、正直自分に向いているイメージは全くありませんでした。

 

コンディショニングコーチ。この仕事を目指せるんだったら迷わずに頑張れそうだ。

直感的にピンときたその日の瞬間。今でも鮮明に覚えています。

大学3年までに卒論以外の全単位を取得。教員免許には目もくれず、トレーニング関連の本を読み漁る日々。1回5万円と学生には高すぎるぐらいの年1回のベースボールセミナー(当時はジェイバッツが主宰だったと記憶しています)のためにアルバイトでお金を貯めて、立花龍司さんに会いに行くように。

大学4年時には半数近くが外国人会員のフィットネスジムでアルバイトをしながら、英語学校へ通いつめ、大学卒業と同時にアメリカ留学。

運動科学の勉強と念願のMLB傘下3Aチームでのインターンを経験できました。

立花さんは夢を失くして途方に暮れていた私に、光を差し込んでくれた恩人なんです。

 

学び続ける姿勢

野球しかしてこなかった自分が、選手としての野球を断念し途方にくれていたとき、立花さんがコンディショニングコーチという道を照らしてくれてから、あっという間に20年が経ちました。

立花さんと直接関わらせていただくようになったのが10年前。楽天イーグルスを経て、自分が所属する千葉ロッテに3度目の復帰をされた2007年のことでした。

ロッテに復帰しながらも時間の折り合いをつけながら、筑波大学の大学院で学んでいた立花さん。2008年7月に無事筑波大学修士課程を卒業しました。

働きながらの勉学は本当に苦労が多かったようで、当時の立花さんの感慨深げな表情が印象的でした。

アドバイスしていただき、今でも大切にしているのが「学び続ける姿勢がもっとも大切だよな」というお言葉。私が専門職として働いているこの仕事は、日進月歩であり常に新しい情報を入れていく必要があります。

その上で、客観的な目を持ってベストに近いベターな判断を溢れる情報の中から取捨選択していく。日々の勉強はそのためにも欠かせない。

言葉にすると普通ですが、これを為している人はごくわずか。立花さんは、今もなお当たり前のよう学び続けています。自分の前を行く先輩が背中で示してくれる姿は、年を重ねるほど貴重であり勇気を与えてくれるんです。

 

40歳の節目の誕生日に再会できて

2年ほど前、偶然にも自分が40歳という区切りを迎えるその日に、私もディレクターとして関わるタチリュウコンディショニングジムの入社式がありました。

その際、何年振りかに立花さんのお話を聞く機会に恵まれました。

立花龍司さんに憧れこの世界を目指した自分が、最初の夢であったプロ野球の現場でコンディショニングの仕事に就くことができた。同じチームに憧れだった立花さんが復帰し3年間一緒に仕事をするチャンスをいただけた。

千葉ロッテ退団後、再就職で苦労していた自分に絶妙のタイミングで声をかけてくださり、ご自身が共同オーナーを務める「タチリュウコンディショニングジム」の初期メンバーとして、コンテンツを作る仕事を任せてくださった。

自分の思いが一方的な部分はありますが(笑)、何かしらのご縁があり、自分は今仕事ができているんだなぁ、と感慨深い思いを抱きました。

写真が苦手な立花さん。講演が終わったらなかなか機会はないのは承知していますので、失礼を承知で講演間の10分休みに、「立花さん!すみません、お写真一緒に撮ってください!!ちょうど40に今日なりました。誕生日記念に!」と強引に頼み込みました。

「お~、そうかぁ。雄士ももう40かぁ。写真一緒に撮るのも久しぶりやなぁ。」とお付き合いいただきました。

こういう時のお顔はいつも、こんな感じ。照れくさそうです。そして私はいつになくにやついています。とても幸せな瞬間だったんですよね。

私が今の道に進むきっかけをくださった原点の方とのひと時を経て、自分自身も気持ちを新たに、と身が引き締まる思いになりました。

 

立花龍司さんの真にすごいところは「わかりやすさ」

基調講演としてお話をしてくださった立花龍司コンディショニングコーチ。専門家として影響を受け、学ぶことも数多いのですが、今回改めて立花さんの偉大な部分にいくつか気がつきました。

立花さんは人前で話すこと、プレゼンテーションをすることがめちゃくちゃ上手です。とにかくわかりやすく、面白い。そうなんだ、やってみよう、というエッセンスに溢れています。

手元に資料はゼロ。このテーマで話す、となるとほぼ完ぺきに再現性のある話をされます。莫大な量の講演を行っている中で、各講演から更に改善点や修正、足すべきエピソードなどを加えているので、どんどん内容の精度が上がっているのでしょう。

そして実は話の展開はとてもシンプルです。

テーマに沿った研究論文やデータをポンと挙げ、概論を語る。その内容に、自らの経験談を重ね、親しみやすく生きたエピソードで補足する。聞き手に興味を持たせ、自ら考え、講演に参加する機会を与える。相手から答えを引き出しつつ、本質的に伝えたい核心部分を語る。

ひたすらこの繰り返しです。

1時間~2時間という尺の講義を聞く中で、受講者は無意識にこの構成パターンに慣れていくのでしょう。だから飽きないし、理解が進むのだな、と思いました。

こんなに難しい本質的なエッセンスを、どうして自分のものとして咀嚼できるのか、ということも長年私が抱いていた疑問でした。

難しいことを簡単に表すには、本質的な理解が不可欠。立花さんは常に物事をごく簡単に説明するところまで落とし込みます。それがどれだけ難しいことか、人前でセミナーや講演をさせていただくようになった今、強く実感します。

この部分も少しヒントが得られた気がしました。

立花さんはご自身で「野球おたく」とおっしゃるほど、真の野球小僧です。私自身も野球に魅せられ、愛し、「永遠の片思い」なんてふざけて言うほど大好きですが、立花さんには適いません。

いかなる難しい研究や、ビジネスセオリーも、常にその大好きな野球に置き換えることで、自分に関係したものとして深く理解することができているんだな、という事に今回初めて気がつきました。自然に気づきと置き換え、が出来ているんですね。

自分自身も、概念的なものや科学的知見を深く理解したい、という際には、現在関わるラグビーであったり野球のケースに置き換えるのですが、どんなものに対しても、柔軟にこういった置き換えをしていくべきだな、と感じました。

そして今回改めて、人気がある人だなぁと実感しました。これは文章では上手く表現できないのですが、一たび話し始めると、立花さんはとても人間的なんですね。かわいらしい、というと語弊がありますが、表情豊かに、自分の大好きなことについて一生懸命に話している、という様子が伝わってきます。

その雰囲気が、人が耳を傾けたくなり、その人の傍にいたくなる、人が集まる気を発していく「人気のある」人物になっていくんでしょう。

この域に達するのはとても難しいこと。偉大な先人の輝かしいキャリアや先駆者としてのバイタリティには適わなくても、この「人間力」や「熱」の部分は、日々1%ずつでも進歩、成長していけば身についていくもののはず。

少しでもこういった魅力に追いつけるよう、精進あるのみ!と思っています。

 

まとめ

・立花龍司さんの存在があって天職と思える今の仕事に巡り合うことができた

・恩人である立花さんの学び続ける背中に勇気をもらい、今も走る続けることができる

・難しい内容をわかりやすく伝える「気づきと置き換え」力の高いのが立花さん

・「人気のある人」。一度ライブで話を聞けばその魅力に引き込まれるはず

 

The following two tabs change content below.

YUJI HIROTA

アスリートスポーツの現場をメインに活動するトレーニング・コンディショニングの専門家。「コンディショニングコーチ」ですがスポーツトレーナーといった方がわかりやすいのかも。実は鍼灸師でもあります。









記事が気にいったら以下のSNSのシェアもお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アスリートスポーツの現場をメインに活動するトレーニング・コンディショニングの専門家。「コンディショニングコーチ」ですがスポーツトレーナーといった方がわかりやすいのかも。実は鍼灸師でもあります。