ロキソニンとボルタレン。一般的な痛み止め薬として周知されていますよね。
スポーツ現場に携わっていると、選手が利用する機会も多い2つの解熱鎮痛剤。

どちらを使うかの判断は医師がしてくれるとして。

2つの薬剤の役割の違いは理解しておいたほうがいいですよね。

解熱鎮痛剤を痛み止めとして利用する場合の考え方とその副作用。
改めてまとめていきます。

この記事に内容に関して

知り合いの善意ある外科医の方から、医師の処方する薬についての情報提供として、医師法で妥当ではないのではないか?というご指摘をいただきました。

あくまでも1トレーナーとして、ボルタレンとロキソニンの違いについての見解を述べている記事として参考にしていただければ幸いです。

 

ロキソニンとボルタレンの違いは?

早く効くのはロキソニンで、強く効くのはボルタレン

ボルタレンにせよロキソニンにせよ、NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)という分類。
臨床実験の結果を鑑みると、同じNSAIDsである二つの薬の使い分けはシンプルな結論でした。

「早く効く」のがロキソニン、「強く効く」のはボルタレンということです。

ロキソニンに関しては速くて15分、長くても50分以内に鎮痛効果を発揮することが証明されています

時間がかかる分、ボルタレンはロキソニンよりも強い鎮痛効果を発揮し、その代り胃を荒らす副作用もロキソニンよりも強く出る傾向があるそう。

ロキソニンに関しては市販薬として「ロキソニンS」が日本でも発売されるようになりましたが、ボルタレンの市販薬はなし。

とにかく早く関節痛や歯痛などを和らげたい際には、市販されているロキソニンSを購入して使用するのも一手ですよね。

お医者さんの処方箋が必要になるものの、強い痛み止めがあればボルタレンをということになります。ボルタレンに関しては坐薬もあり、胃腸への負担もこちらは軽いそうです

 

痛みの種類による違い

ボルタレンとロキソニンでは、痛みの種類を判断して、適した方を使う必要があるとのこと。

最近は出ることが少なくなりましたが、偏頭痛持ちだった私。痛みが酷かった10年ほど前は強い痛み止めとして「エキセドリンA錠」をよく利用していました。

私の症状にはとても効き目がありましたが、アスピリン、アセトアミノフェン、無水カフェインの組み合わせである配合の鎮痛剤だったんです。

調べてみると比較的効き目が早い上に、持続時間も期待できるんですね。その分胃腸にかかる負担も大きく荒れやすい。

当時あまり深く考えずに「鎮痛剤だから」という理由でロキソニンを飲んだ際には、偏頭痛にはほとんど効き目がなくて弱ったものでした。

肩こりや眼精疲労からくる緊張性頭痛以外にロキソニンは効かないという記述を見つけてちょっと納得しました。

偏頭痛対策としてベターなのはきちんと脳外科などを受診した上で、「トリプタン製剤」という種類のものを選ぶということ。私もそんな薬剤があることも全く知らなかったので、正直驚きました…

たかが偏頭痛と侮らず、とにかくまず病院などの専門機関にかかることが大切ですね。

 

スポーツと痛み止めの考え方は

実際にスポーツをしていて、痛みがある。
病院に行き、症状に合わせて痛み止めとして薬を処方される。こんなケースもありますよね?

運動のための痛み止めとして処方される薬は、どう使い分けをされているのでしょうか。

投手の肩や肘の痛みに多く使われるボルタレン

例えば野球の投手が感じる肩や肘の痛み。あくまでも私が目にしてきたケースですが、こんな症状ではボルタレンを処方されることが多かったです。強い効き目が期待できるためでしょう。

 

「絶対に副作用はある」を肝に銘じよう

ドーピング禁止薬物に入っていない、ボルタレンやロキソニン。慢性的に痛みを抱えているスポーツ選手は、処方を受けたうえで、抵抗なく定期的に服用しているケースもあります。

スポーツ選手必見!ドーピングにまつわるチェックと現状を知ろう

私が関わった野球選手の中で、処方はされているものの、痛み止めを飲むことが日常化しているピッチャーがいました。

それだけ痛みが強かったなかでも職業として投げ続けていた、ということなのですが、だんだん同じ量のNSAIDsでは効かなくなってきた、といっていました。

歯の治療のため歯科医で麻酔をかけられた際も、通常の量では効かずに、2倍の量を打たれたそうです。

「武勇伝バイアス」的に自慢げに話していましたが、今後の彼の長い人生を考えると怖いことだなぁ…と不安になりました。

痛み止めをとることでの副作用は必ずあります。

全てがデータとして証明されているわけではありません。しかし反応速度などパフォーマンスにも影響を与えるであろうことは、経験的にもわかるのではないでしょうか。

そもそも、痛みは体が脳へと異常を知らせるために必要な大切な信号。
痛みは悪者ではなく、体からのアラートなんですよね。これを不自然に消すべきではないのです。

当然ですが、ファンアスリートや成人していない選手は、痛み止めを飲んでまでプレーすることは避けるべき。こんな意識が当たり前のこととして浸透していかないといけません。

 

まとめ

本来であれば使わないに越したことはない「解熱鎮痛剤」、いわゆる痛み止め。
まずは薬の持つリスクを理解して、必要最低限しか使わないという自覚が大事。

薬だけでなく食品やサプリメントにも言えることですが、自分の体の中にいれるものに何の疑問も持たないって怖いこと。

トレーナーだけでなく、全ての人にとって、口に入れるものへのリテラシーを高める必要がありますね。

選手から質問されることも多い薬。今後もアンテナを広げて知識を身につけていきましょう。

 

【こちらも合わせてお読みください】

トレーナーが取り組むべき基本の一つ!様々なチャネルでの情報発信の重要性

 

The following two tabs change content below.

YUJI HIROTA

アスリートスポーツの現場をメインに活動するトレーニング・コンディショニングの専門家。「コンディショニングコーチ」ですがスポーツトレーナーといった方がわかりやすいのかも。実は鍼灸師でもあります。









記事が気にいったら以下のSNSのシェアもお願いします

メールマガジン登録フォーム

トレーナーのキャリアについて今一度深掘りしたい…そんなトレーナーの助けになるメルマガを始めました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

アスリートスポーツの現場をメインに活動するトレーニング・コンディショニングの専門家。「コンディショニングコーチ」ですがスポーツトレーナーといった方がわかりやすいのかも。実は鍼灸師でもあります。