L17-18第六節対サニックス戦、辛勝で今季3勝目!




24対18。ラスト3分は最後の猛攻を仕掛けてくるサニックスの勢いに、息をするのも忘れそうなほど追い込まれました。
薄氷を踏む思いでの勝利。これで17-18トップリーグ第六節を終えて通算成績は3勝3敗のイーブンに。

所属するレッドカンファレンスにて8チーム中暫定5位となりました。
6戦全勝のサントリー、神戸製鋼との直接対決が後半にありますから
勝てるだけ勝っていかないと、全8チームが2勝以上している混戦のレッドカンファレンスでは生き残れません。

決して気を抜けない戦いが続きますが、とりあえず苦しいシーズンとなった昨シーズンの勝ち星には折り返し地点までに到達出来ました(昨季は3勝12敗)。

勝ちゲーム全て、本当にギリギリの戦いだったからこそ、7試合が7点差以内負けだった昨シーズンに比べてチーム全体として成長している。
ひいき目もあるかもしれませんが、チームに所属するスタッフとしてそう感じています。

勝利の余韻に浸る間もなく慌ただしく全員がバスに乗り込み、40分ほどかけて小倉駅へ。各々乗車変更をしたりしつつ、新幹線にて帰阪。私も誰にも目立たない席で一人、2時間近く爆睡して戻ってきました。

次節の対クボタ戦は中5日。試合翌日となる明日もチームとして集まりプールリカバリーを行うことになっています。

小さなケガを抱えているのは当たり前のような状況で、いかにコンディションを整え土曜日に照準を合わせられるか。大きなチャレンジになりますが、ここで今季初の連勝を為せれば、また勢いが加速するはず。

私を含めスタッフも疲労困憊ではありますが、体に鞭打ってこれから1週間を乗り切っていきます!

 

 

それではまた、お会いしましょう。弘田雄士でした。

The following two tabs change content below.

YUJI HIROTA

アスリートスポーツの現場をメインに活動するトレーニング・コンディショニングの専門家。「コンディショニングコーチ」ですがスポーツトレーナーといった方がわかりやすいのかも。実は鍼灸師でもあります。









記事が気にいったら以下のSNSのシェアもお願いします

メールマガジン登録フォーム

トレーナーのキャリアについて今一度深掘りしたい…そんなトレーナーの助けになるメルマガを始めました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

アスリートスポーツの現場をメインに活動するトレーニング・コンディショニングの専門家。「コンディショニングコーチ」ですがスポーツトレーナーといった方がわかりやすいのかも。実は鍼灸師でもあります。