*これは2016年10月に旧サイトにアップしたものをリライトし再掲載したものです。
先日、所属するチームでの練習後のこと。

所属するラグビーチームの選手の下に学生時代の先輩らしき方が訪問にいらしていました。一昔前の野球界のOBの方のような横柄な態度(失礼!)には全く見えませんでした。

しかしその選手に対して、
「何人かうちの選手を連れてきたから、見てやってくれよ!時間がある時でいいから、うちの学校にもきて指導してくれよ!」
と仰っていました。

ちょっと困ったような顔をしながらも、親切にその日見学に来た学生たちに簡単な指導を行っていたその選手。

よく見る光景なのですが、弘田は「日本のスポーツはこういう文化だよな。」と少し苦々しい思いに。いたたまれずにその場を後にしてしまったんです。

 

プロの専門性をどう考えるのか

思わず「そうそう、その感覚!」と膝を打ってしまったのが、某大学との合同練習での一コマ。

悪気はないのは間違いなく、勉強熱心なのは重々承知。

それでも相手のFWコーチの方がやや食い気味に、「こういう技術を向上させるためには、どんな練習がいいのか教えて欲しい」、「どこに注意をしてみて、どうすれば選手が良くなるのか教えて欲しい」といったようなことを、コーチのスティーブ・カンバランド氏に聞いていました。

一番大切なのは、合同練習によって近鉄のフォワード陣の練習で行っていることができているか、どういった課題があるのかを抽出すること。

そして相手コーチが聞きたがっていた質問は、目の前の練習におけるヒントや考え方を聞いているのではなく、「自分の技術向上のために」コーチとしての宝の部分に近い本質的なことを聞き出そうとしているように感じました。

そういったアプローチをちょっと煙たがっている様子で(あくまで弘田の主観ですが)、極力そこから距離を置いたカンビさん(カンバーランド氏の愛称)。

そのうえで100%の集中力で熱心に近鉄の選手の練習指導をしている彼を見て、
「そりゃそうだ。いいぞ、カンビ!!」
心の中で勝手に大きく同意してしまいました。

このエピソードと弘田の考えをどう捉えるかは読者の方の全くの自由なのですが、少なくとも同業種の方で「何ケチなこと言ってるんだよ。心が狭いなぁ…」
こんな感覚の方とは、弘田はたぶん一緒に仕事ができないでしょう。

今回のエピソードのような姿勢。

これは大変失礼な表現で語弊もあるかもしれませんが、経験上ご自身が真剣にスポーツに関わってこなかった保護者の方や、アスリートスポーツに全く携わったことのない教員の方などに多いような気がしています。

 

指導≒専門家としての自分の評価と責任

スポーツ現場に携わるコンディショニングコーチとして15年目を迎えています。

実は小・中学時代からの友人にもよく頼まれるのですが、「一度うちの子供、見てやってくれよ。簡単にちょっとでいいからさ。」という依頼。

「わりぃ、コンディショニングやトレーニングは俺が真剣にやっている仕事だから『簡単に』は無理だわ。見させてくれるなら、きちんと時間をとってちゃんと見たいからその時まで待ってくれよ」

友人には正直にそう言えるんですが、保護者や指導者の方にはやっぱり難しいです。

自分も40を迎えたのでもっと上手にごまかすというか、こなせればいいんですが「生きるための仕事」ではなく「好きを仕事」にした以上、小器用には立ち回れないんですよね…。

悪気がないのは重々承知しているつもり。それでも「ちょっとでいいから」、「簡単に」なんていう風に指導はできないんです。

指導をすることでいかなる状況であっても、そこには仕事としての自分の評価と責任がついてまわるわけですから。

「気軽にちょっと」という感覚で関わることは、プロとしてどんな方を対象にしても失格なのだと信じています。

 

タダでは仕事はしない

誤解されるかもしれませんが、「いかなる状況においても金銭的な見返りを要求する」という話ではありません。

ただでさえ一般的に認知されていないストレングス&コンディショニングの世界。トレーニングやコンディショニング指導の専門家、というカテゴリー自体が確立されていない状況は重々承知。

そしてそういった専門家がいる、という事実がわかり興味を持っていただいたとしても、では弘田がその分野の能力として仕事を依頼するに値するかどうか、という判断基準が必要でしょうから。

好意という名前のボランティアには屈しない

昔からの関係値がある人物からの依頼や、営業の一環として無償で指導を行うこともあります。

しかし公共団体や学校関係では、依頼はいただくものの報酬についての話が全くない…というか、わざとそういった話題に触れることなく「ご協力いただければ…」というスタンスで話を持ってくるところが往々にしてあるのです。

こういった話は日本独特であるものの、もう少し知名度のある仕事でも結構あるようです。

…でも考えてみてください。マジシャンは何の努力もなく、さらっとマジックを見せてくれるわけではありません。目の前の1~2分の驚きを与えるために何十時間という投資を行っているわけです。

ダンサーや演奏家も全く同じ。

出身学校からのオファーなどの特別な場合を除き、こういった「プロフェッショナル」の専門分野を享受するのに、「好意」に頼るというアプローチは失礼だし卑怯だと思いませんか?

 

 

S&Cの専門家としてお仕事をさせてもらって15年目になります。

それなりに中堅どころになってきた自分が、「まぁいいか…」とボランティアで地元の私立中学校を担当するようになったら、そのチームでその後お金を工面してトレーナーやS&Cコーチを呼ぶことはないでしょう。

経験の浅い20代半ばのトレーナーがそのチームと交渉することになったとき、「弘田コーチには1年間善意で協力していただいたんですが…?」となったら、そのトレーナーが仕事としてそこで報酬を得ることはできないですよね?

そういった無責任なことを中堅である我々がしていると、この業界が認知される日は更に遠くなってしまうでしょう。極端な話、交通費とわずかな御礼としての金額でもいいんです。

それでも絶対に無償で仕事はしない。この「宣言」はボランティアだから多少甘く見てね、という逃げ道を潰す意味でも重要なんです。

これを生業にしているのだから、その分求められるハードルは高くなりますし、能力がなければ成り立たないのは当たり前。日々研鑽を積みつづけて、そのレベルになる以外生き残れないのでしょうから…。

 

まとめ

生意気に聞こえるかもしれませんが、駆け出しの1年目からこの姿勢は崩さずにやってきました。

スポーツに関わる指導者や父兄の方は、悪気のないこういった依頼をしていないか、ちょっと気を付けていただければ嬉しいです!

 

The following two tabs change content below.

YUJI HIROTA

アスリートスポーツの現場をメインに活動するトレーニング・コンディショニングの専門家。「コンディショニングコーチ」ですがスポーツトレーナーといった方がわかりやすいのかも。実は鍼灸師でもあります。









記事が気にいったら以下のSNSのシェアもお願いします

メールマガジン登録フォーム

トレーナーのキャリアについて今一度深掘りしたい…そんなトレーナーの助けになるメルマガを始めました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.