用意したプログラムをやらない選手をどう考えるか




コンディショニングコーチとして
プロ野球選手や社会人ラグビー
選手など、アスリートを500人以
上指導してきた弘田雄士です。

S&Cが準備するプログラムを何と
なくやり過ごし、皆と違うプログ
ラムをやりたがる選手は、チーム
に必ず一人か二人はいるもの。

この状況でどうしたらいいでしょ
うか?というリアルな質問を受け
ることが多いです。

私なりの考え方と対応方法をお伝
えしましょう。

なぜやらないかを考える

この問題を考えるには、その選手が
「なぜやらないのか」を考える必要
がありますよね。

その理由によって考え方は変わって
くるはずです。

1.納得していない

最初に考えられる理由が納得して
いないというもの。

「なんでこのプログラムをやらな
くちゃいけないんだ!」と選手側
が納得していない場合、その理由
も2つに大別できるでしょう。

a.こちらの説明/コミュニケーション不足

1つ目が専門家であるS&C担当やア
スレティックトレーナーの説明不足。

「なぜこのプログラムを作成したの
か」というWHYの部分が全く相手に
伝わっていないとすると、なかなか
前向きに取り組んでもらうことは難
しいですよね。

この場合、主たる責任はこちらにあ
ります。

「今は基礎筋力を向上させる時期
で、シンプルな種目を多い回数行い
たいんだ。大事な準備期であるこの
6週間の過ごし方で、次の最大筋力
アップ時期が変わってくるから。

地味な時期だけど、コツコツ頑張ろ
う!」

こんなコミュニケーションを密に
取ることで、問題は改善されてい
くはずです。

b.現状に不満がある

アスリートスポーツの現場で、切な
いけれど最も多いのがこのケースで
す。

もはやトレーニングやアスレティッ
クリハビリテーションではなく、
状のチーム内の自分に不満がある。

その不満の原因を自省の方向に向け
ておらず、他責の気持ちが強い状況。

ある程度年令を重ねており、それな
りの実績のある選手が陥ることが
多いです。


Twitterでもツイートしましたが、
ちょっとした自己顕示欲を満たした
いがための「スタンドプレー」。

意志の弱いタイプの若い選手など
は、こんな先輩の「オリジナルプロ
グラム」を崇拝し、あらぬ方向へと
導かれていきがち。

こうなってくると、ちょっとした
コミュニケーションではどうにも
ならないですよね。

「僕、前のチームからやっている
ルーティンがあるんで、その方向
でトレーニングしてもいいですか」

ぐらいの調子のいい『はぐらかし
た』理由を述べてくる選手は今ま
で星の数ほど見てきました。

…さてどうしたらいいでしょう。

私なりの傾向と対策は後ほど
述べるとして、その他の「やら
ない理由」を考えてみましょう。

2.自分の形ができている

「やらない」から悪い!!というわ
けではない。

普通に考えればわかるはずのこの
パターンも、しっかり頭の中に入
れておかなくてはいけません。

今まで試行錯誤を重ねてきて、最
終的に「自分なりのベストウェイ」
とも言えるやり方を確立している
選手もいるからです。

ベテランの領域に入っている選手
には多いパターンでもあります。

こういった選手と前述1bの選手と
の見極めは、最初からできるわけ
ではありません。

まずはその選手が行っている、チ
ームプログラム以外に行っている
種目やアプローチをしっかり観察。

選手の集中力を削がないタイミング
でスッと近づき、
「これ、前鋸筋緩める目的でやって
るの?怪我したときに教わったり
したとか?」
などと尋ねる。

自分の引き出しを増やすことにもつ
ながるし、否定するのではなく質問
をされれば、その選手としても嬉し
ことのはず。

だいたいはしっかりと教えてくれる
もの。

そのアプローチに?の部分があって
も、チームプログラムをやってくれ
ている場合はもちろんOK。

その種目を入れたことで、チーム向
けに用意したものの一部を省いたと
しても、大きな流れが損なわれて
いなければそれも良し。

まるきりチームプログラムとは別
物としてトレーニングをしたがる
場合は話し合いの場を設けます。

定期的に行う筋力テストやフィッ
トネステストで少なくとも現状
維持ができること、他の選手への
勧誘などを行わないことを条件に
そのアプローチを認めることが
ほとんどです。

本人がうまくなろう、強くなろう、
ケガを防ごうと思って懸命に考え
て実施している意欲を削ぐのは得
策ではないと思うからです。

その上で、
「このやり方だけだど、生理学的
なこと考えると、徐々に◯◯の要
素は落ちてくる可能性があるよ。

△△と✕✕もこのアプローチに加
えてみない?」
という提案を行うのが現実的です。

【自宅トレーニング器具揃えるなら↓】


何で自分のトレーニングプログラムをさせたいのか

S&Cコーチであったりトレーナー
として、トレーニングプログラム
を提供する側としては、正直皆同
じプログラムを淡々とやってくれ
ると楽ですよね。

でも、そもそも何で選手たちに自
分が考えたプログラムを実施させ
たいのか。

「え、そんなの当たり前じゃ?」
と思わずに、きちんと深堀りして
おきましょう。

1.目的でなく手段

我々が頭から煙を出しながら必死
に準備するトレーニングプログラ
ム。

愛着もあるし思い入れも当然ある
はず。

でも、それって選手たちにとって
は関係ありません。

自分なりに最適であると判断した
ものを出すとはいえ、あくまでも
チームとしての目的に対する手段
として提供しているのがプログラ
ム。

「自分の用意したものをやらせる」
ことが目的化したらいけないんで
すよね。

2.仕事してる!という充足感は自己満足

提供するトレーニングを完遂して
くれない。

ついついムッとしてしまう気持ち
もわかります。

でも、その不満はどこからくるの
かと突き詰めて考えると。

結局は「自分はしっかり選手たち
にやらせている!」という満足
感を得たいという気持ち。

そして「俺が考え抜いたプログラ
ムを何でやらないんだ?」という
一種の不安からくるものだと
思います。

自分自身でさえも、チームや選手
がよくなるための必要な手段であ
る。

きちんと整理してそう捉えること
ができたなら、自己満足や不安
に惑わさせることはなくなります。

基本的な対応姿勢は「放置」でいい

具体的な対応としてはどうした
らいいのか。

…放置でいい。

基本的な対応姿勢は放置でいい
です。

結論としてはこう考えています。

 

1のaとして前述した、説明不足
による納得していないケースは
積極的に改善案や話し合いをす
すめないければなりません。

しかし自分のスタイルとして行
う優先順位がある選手や、不平
不満がある自己顕示欲の強い選
手は放置でいいです。

その理由をツイートしています。


いかがでしょうか?ちょっとドライ
過ぎるかもしれないけれど、自分は
こう考えて、一貫した姿勢で臨んで
います。

プライドを傷つける必要はない

ちょっとこじれた実績のある選手ほ
ど、更にプライドを傷つけられるよ
うな要素があると、一気にチームを
分裂させる危険因子になります。

彼、彼女自身、深層心理ではすでに
充分傷ついている状態。

これ以上、プライドを傷つける必要
はないんです。

この状態の選手は、自分自身の感覚
や状態よりも周りの目や雰囲気の方
に過敏になっています。

こちらから適度に距離感を持ってい
れば近づいてこないものです。

お互いのために上手にやりましょう。

影響されやすい若手を意識的に離す

技術的なこととしては唯一、
「影響されやすい若手を意識的に
離しておくこと」は徹底しておき
ましょう。

仲間を作りたい、周りを巻き込みた
いマインドになっている選手が真っ
先に目をつけるのが、このタイプの
選手だからです。

具体的には、若い選手たちだけを
「このメンバーは指定強化選手だか
らな!きっちり監視させてもらうぞ
~」と囲い込んでしまうという方法。

不自然さや嫌味なく実施することが
できるので、オススメです。

まとめ

ちょっと生々しくドライな話に
なってしまったかもしれません。

それでも、専門家として我々が
注力すべきは、

・愚直に努力続けている選手

・きちんとした教育と正しい方
向の努力を習慣化すべき若手

でしょう。

我々が注げる有限の時間と知識を
こういった選手たちに投下するこ
とが、チームや組織にとっても
誠実になるのではないでしょうか。

トレーナーに役立つ考察を配信↓

The following two tabs change content below.

YUJI HIROTA

アスリートスポーツの現場をメインに活動するトレーニング・コンディショニングの専門家。「コンディショニングコーチ」ですがスポーツトレーナーといった方がわかりやすいのかも。実は鍼灸師でもあります。









記事が気にいったら以下のSNSのシェアもお願いします

メールマガジン登録フォーム

トレーナーのキャリアについて今一度深掘りしたい…そんなトレーナーの助けになるメルマガを始めました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

アスリートスポーツの現場をメインに活動するトレーニング・コンディショニングの専門家。「コンディショニングコーチ」ですがスポーツトレーナーといった方がわかりやすいのかも。実は鍼灸師でもあります。