労働集約型の仕事だからこそ考えたいキャリアプラン




2018年9月25日。

『「日本最大級」や「一流」など
突き抜ける商品・サービスを生み
出す思考法とマーケティング』と
いう、ハードルの高いタイトルの
トークセッションに登壇させて
いただきました。

その時の様子を、助っ人という人気
サイトのライターさんに起こしてい
ただけたんです。

労働集約型の業務と自分という商品価値

90分ほどのセッションの中でお話
ささせていただいた内容は、いつ
もこのブログを通じて、お伝えし
ている内容です。

しかし会場に集まっていただいた受
講者の方々は、もちろん私のブログ
を読まれたことのない方々ばかりで
したし、そもそも「コンディショニ
ングコーチとは何ぞや?」という方
達ばかり。

意外なところで感心していただけた
り、共感していただけて、改めて
全くセグメントの違う業界の方たち
とつながりを持っていくことの大切
さや可能性を感じることができまし
た。

労働集約型の業務の中でどうキャリアを創るか

私のようなスポーツに関わる、いわ
ゆる裏方業は「労働集約型」と呼ば
れる、生産要素に占める資本の割合
が低く、人間の労働力に頼る割合が
大きい産業の典型ですよね。

愚直に多くの時間を割いて、選手や
クライアントにサービスを提供する。

基本的な業務であり大切なことでは
ありますが、有限の時間をどう使い
「自分の目指す仕事人のキャリアを
積んでいくか」というのは、もっと
シビアに考えたほうがいい。

私はそう考えています。

何となくお金の話や、自分のキャリ
プランの話は、タブーというか優
順位が低いところで終わらせてし
まう
というのが、トレーナーに関わ
る業界
の風潮ですよね。

今回のセッションの中では、自分と
いう商品の価値を高める取り組みを
必死に考えて、どんどん実行しよう
というお話をしました。

 

自分という商品価値

その一環として続けているものの
一つが、このブログです。

打算的に打ち出しているわけでは
なく、継続するのはなかなかタフ
ですが、「弘田雄士」という商品
に興味を持ってくれる人たちに、
どんな情報や気づきを提供したら
喜んでもらえるのか。

GIVEを徹底することによって、
潜在的にでも、知っていただき
興味を持ってもらう人を広げて
いく。

これまで莫大な時間を割いて
きましたが、結果的に今まで
の自分の働き方よりも、時給
単価が上がっていっているし、
魅力的なオファーをいただけ
る機会は明らかに増えました。

 

自分のキャリアデザインは自分にしか創れない

スポーツにまつわるスタッフ業
務は様々あり、一人一人、仕事
に対する考え方やキャリアプラン
も違うはず。

大切なことは、自分なりの理想
や道標を、自分の頭で考えて、
達成できる確率を上げるための
プランを作り、続けていくこと。

どれだけ才能豊かであり、強運
の持ち主の人がいたとしても、
ある日突然、
「君の力が必要だ!僕と一緒に
夢を叶えよう!」
あなたの人生をバラ色でエキ
サイティングなものにしてくれ
るような、白馬の王子も事件も
何もしなければ、絶対に起きな
い。

当たり前ですよね?

メンターの話を聞いたり、本を
たくさん読むことで、自分の方
向性や、イメージを具象化して
いくことから始める。

身近にスタートできる一歩から
行動に移していけるといいです
ね。

内容としては、その辺りの触り
に当たると思いますが、11月
末日にも、「10年後も生き残る
トレーナーになるためのビジネス
戦略」というミニセミナーを
行います。

きっかけにしたいなぁ…と考え
て、日程が合う人はぜひ検討して
みてください。

The following two tabs change content below.

YUJI HIROTA

アスリートスポーツの現場をメインに活動するトレーニング・コンディショニングの専門家。「コンディショニングコーチ」ですがスポーツトレーナーといった方がわかりやすいのかも。実は鍼灸師でもあります。









記事が気にいったら以下のSNSのシェアもお願いします

メールマガジン登録フォーム

トレーナーのキャリアについて今一度深掘りしたい…そんなトレーナーの助けになるメルマガを始めました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

アスリートスポーツの現場をメインに活動するトレーニング・コンディショニングの専門家。「コンディショニングコーチ」ですがスポーツトレーナーといった方がわかりやすいのかも。実は鍼灸師でもあります。