スポーツ選手にとって最も厄介なケガ。それが膝のケガです。

もともと構造上、人体の中では非常にもろい膝関節。大腿骨と接している脛骨は上端上面はわずかに凹面をもつ2面の上関節面がありますが、感覚的にはほぼ凸x2の2つの骨。

ちょっと安定の悪い机の下に挟み込んだ薄手のジェル。これが半月板だったり関節包だったりするわけですよね。

そのうえでガチっとはまっているわけではない膝関節を守るために前後と内外にとにかく靭帯で安定を図っている、というのが膝の構造と考えていいでしょう。

そんな構造の膝なので外力に弱いのは必然。プレー中の切り返し時やコンタクトプレーによって膝が強制的に内側に入る、というのが典型的なケガの発症パターン。

内側側副靭帯(MCL)と並んで発症しやすいのが前十字靭帯(ACL)の損傷です。

 

前十字靭帯損傷による手術について

日本の手術予後の現状

私が現在のチームに関わってから毎年平均1.5名が膝の前十字靭帯断裂もしくは損傷の怪我を経験しています。

手術適応の場合は復帰までの最短期間で9カ月。日本では平均1年近くかかると考えられています。そして復帰してからも今最もポピュラーである腱移植を行った場合は移植した腱や靭帯が完全に適応するまでには2年見なくてはいけないだろう。

現状の膝の前十字靭帯損傷の予後はこんな見立てが一般的なんです。

LIGAMYSという新手法

そんな中、全く新しい手術方法が広まりつつある、という記事を目にしました。そこから行き着いたサイトがオランダにて理学療法士として活躍されている平出さんのブログ。

更に詳しい記事は「前十字靭帯損傷後の新たなる可能性。切れた靭帯を修復させるための手術」をご覧ください(平出さん、ありがとうございます!)

同じ内容の動画をyoutubeで見つけましたので参照してください。

「Ligamys」といわれるこの方法は画期的です。

・前十字靭帯損傷後21日以内が適応であるということ
・過去に前十字靭帯を損傷した経験がないこと
・成長期を過ぎていること

3つの条件はあるものの今まで長期化が定説だった前十字靭帯損傷予後を、大幅に早める可能性が広がったわけです。

Ligamysは損傷した靭帯を支え正しいポジションを保って、さらに靭帯が修復するまではその役割を補うことができる方法。本来の靭帯を修復させるのですから、これは保存療法の延長だと捉えられるそうです。

動画にもあるようにドリルで留められていた金具は術後6か月にとるだけ。内視鏡手術で終了するわけです。

この技術、私が知る限りまだ日本では活用されていないのが実情。Ligamysの技術を考え出したスイスでは、2014-15年に30件のこの手法での手術のあと、29件が4か月以内に元の競技レベルに復帰できた、という報告もあるそうです!

早く日本でもこの技術を活用できる施設が増えて、実際のスポーツ選手に応用してほしいですね。

まとめ

現在関わっているラグビーやサッカーなどのコンタクトスポーツでは、否が応にも膝の怪我のリスクはついてまわるもの。

特に中学や高校などの学生スポーツだと丸一年棒に振る、という時間的なハンデは大きすぎます。

こういった技術が広がると、万が一受傷してしまった選手も大きく悲観することなくリハビリに励むことができるはず。

そういったアドバイスも日々できるように、日進月歩で進化する医療の世界の情報も日々ブラッシュアップしていきましょう!

 

The following two tabs change content below.

YUJI HIROTA

アスリートスポーツの現場をメインに活動するトレーニング・コンディショニングの専門家。「コンディショニングコーチ」ですがスポーツトレーナーといった方がわかりやすいのかも。実は鍼灸師でもあります。









記事が気にいったら以下のSNSのシェアもお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です