満開の桜が少し散り始めた関東。4月1日を過ぎ新年度がスタートしました。私も約5年振りに関東で新年度をスタートすることとなりました。

新チームでのチャレンジ

清水建設ブルーシャークス入団

プレスリリースで正式に発表されましたが、2018年シーズンは社会人ラグビーチーム、清水建設ブルーシャークスに所属させていただくことになりました。

清水建設ホームページより

清水建設ブルーシャークスは、トップイーストのディビジョン1に所属するチーム。トップリーグ昇格のためには、まずトップチャレンジリーグの8チームに食い込まなくてはいけません。

常勤というよりも、限られた時間でのトレーニング・コンディショニング指導。環境面でもトップリーグチームの施設とは違い、限られたスペースや道具を用いての挑戦となります。

どうやってプロとしての自分の仕事を全うするか。

頭を抱える部分もありますが、それも込みで新しい挑戦にワクワクしています。

 

尊敬するアスリートからの声掛けで

2017-18シーズンが始まった時点で、関西での単身赴任には一区切りしようと決めていました。実際に関東での仕事を考えていく中で、ありがたいことにラグビーの仕事を中心にいくつかの具体的なオファーをいただくことができました。

その中の一つが今回の清水建設ブルーシャークスでした。

一番の決め手になったのが、アスリートとして尊敬し、人間的にも魅力的な元近鉄ライナーズの高忠伸と大隈隆明の存在でした。

2016-17シーズンを持って退団した二人の選手。近鉄時代に共に主将を務めたことのあるリーダーシップを持った二人が奇しくも清水建設に入団したのが、昨年2017-18シーズン。

全くそんな気はなかったものの、きっかけはプライベートで2017年の秋に高忠伸と夕食を共にしたことでした。

知的な野武士、高忠伸という男 ~THEプロフェッショナルとの再会~

再びラグビーができることへの喜びを語っていた高。再会後のLINEでのやり取りで、彼から、

「弘田さん、本当に関東に戻ってきて仕事をするんだったら、うちでトレーニング見てもらうこと、考えてくれませんか?もちろん僕自身に人事権なんてないんですが、推薦させてもらえるなら一度話を聞いてください。」

真摯な様子でそう伝えられました。

正直、具体的な話まで進めるのは難しいだろうな…と感じつつも、一度担当の方とお会いすることに。

その日の夜、もう一人の元チームメイト、大隈隆明(相性は「クマ」です)も、

「面接してくれたそうですね!条件などあると思うけれど、また一緒にできたら嬉しいです。」

と連絡をくれたんです。

 

意気に感じて仕事ができれば最高

選手にとって、ストレングス&コンディショニング(以下S&C)担当って正直、煙たいもの。トレーニング部門を管轄するS&Cによって、ラグビー以外の部分のつらさは相当変わるはずです。

高と大隈、彼らは近鉄時代に私がヘッドコンディショニングコーチとして管轄したプログラムを2年間実施しています。単純な量ではなく、高強度なトレーニングを課すタイプだということは理解しているはず。

それにも関わらず、「現状のチームに弘田さんが来てくれたら大きくプラスだ」と感じてくれているのが、強く伝わってきました。

我々スポーツ現場に携わる人間の本当の評価。それは、共に多くの時間を共有したコーチングスタッフや選手からのものが一番リアルです。

綺麗ごとかもしれませんが、現場に携わる以上、「意気に感じて」仕事がしたい。

家族が住む関東での仕事をする、というのが今年の最優先事項であったこともありました。最終的に、清水建設さんからも入団依頼を正式にいただいて、今回のご縁となったんです。

 

コンディショニングコーチ弘田雄士として

入団するにあたって、いくつかのワガママを聞いていただきました。その一つが、「コンディショニングコーチ」という名称です。

前任の方までは「ストレングスコーチ」もしくは「S&Cコーチ」という名称だったそうですが、今までのキャリアの中でこだわってきた「コンディショニングコーチ」として活動させていただくことになりました。

「コンディショニングコーチ」という名称に込めた想い

強化はもちろん、教育や体の使い方などを含めて、包括的に選手を強くタフにする。目標をぶらさずに正しい手段を選択する1年にしていきます。

まずはトップイーストディビジョン1で全勝して、2019年シーズンにトップチャレンジリーグに食い込むこと。そこを目指して、最大限の仕事をします!

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

YUJI HIROTA

アスリートスポーツの現場をメインに活動するトレーニング・コンディショニングの専門家。「コンディショニングコーチ」ですがスポーツトレーナーといった方がわかりやすいのかも。実は鍼灸師でもあります。









記事が気にいったら以下のSNSのシェアもお願いします


トレーナー向け戦略セミナー日程

「10年後も食べていけるトレーナーに必要なビジネス戦略」というトレーナーが敬遠しがちな戦略や食べて生き方のヒント満載の90分。関東中心に5人程度の少人数で行います。


1 個のコメント

  • わーい。
    大好きな高さんのチームで弘田さんがまた働くなんて、めっちゃ嬉しいです。(^_^)
    また、ラグビーの話題がこちらのブログで見せていただけますね。
    ありがとうございます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    アスリートスポーツの現場をメインに活動するトレーニング・コンディショニングの専門家。「コンディショニングコーチ」ですがスポーツトレーナーといった方がわかりやすいのかも。実は鍼灸師でもあります。